District*AIP

常にモードという領域に立ち、<デザイン性>と<機能性>を 、強い意識と主観性で時代の主流とは相反するプロダクツをRadical Chic(ラジカルシック)に具体化すること。